スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利益禁止の「漢検」20億円もうけ、経費3倍の検定料も

2009年01月22日 21:26

「日本漢字能力検定協会」京都市下京区、大久保昇理事長が、利益を上げることが認められていない検定事業などで、過去5年間に計約20億円の利益を得ていたことがわかった。

経費の最大3倍の検定料を受検者から徴収していたという。

同協会は1992年に旧文部省が財団法人として設立を許可した。こうした公益法人の指導監督基準は「公益事業で必要な額以上の利益を生じないようにすること」と定められており、文部科学省は近く、緊急の立ち入り検査に入ることを決めた。

文科省によると、これらの事業により、協会は03年度から07年度にかけて最高で年9億円の利益を上げており、合計額は20億円にのぼる。

文科省は04年以降、再三にわたって「対価が適正でない」として、級によっては受検者1人あたりの費用(約2100円)の3倍近くに設定していた検定料の引き下げなどを指導してきた。

協会は07年度から検定料の一部を値下げして5000円~1500円としたり、昨年12月末には改善計画を回答したりしたが、文科省は具体的な対策ではないとして、立ち入り検査に踏み切ることを決めた。

昨年12月に施行された新公益法人制度でも公益事業で利益を得ることは原則、禁じられている。内閣府公益認定等委員会事務局は「このままでは公益法人としての基準を満たさない。幅広く営利活動ができる一般法人として存続するためには、財産を別の公益事業に寄付するなどしなければならない」としている。

同協会は読売新聞の取材に対し、「忙しくて答えられない」としている。



麻生総理がひきおこした「漢字ブーム」

総理の意図ではないと思うが

「読めそうで読めない間違いやすい漢字 」

がベストセラーになり

「日本漢字能力検定協会」

の不正利益を暴くにいたった


そろそろマスコミや政治家も

麻生総理の漢字間違いをとりあげなくても

いいんじゃないかと思う。。

そんな話題ばかり扱っていること自体が恥ずかしい

先日の予算会議でも

「漢字」の話ではなく「予算」の話をすべきだ



漢字の読み間違いを払拭するような

熱いメッセージ、政策を期待したい



スポンサーサイト


コメント

  1. yasu | URL | -

    オバマさんが
    歴史的なことをしている時に
    漢字云々言ってる国。
    恥ずかしくてニュースにする意味があるのだろうかと思って、
    思わず母親や友人とそう言う話をした一人ですが。
    漢字検定ねぇ。
    道理で受験料が高いなぁと思った。
    価値をつけるためにやってんのかなって思ってましたけど
    知識不足でした
    でもやたらと高い受験料を取られた覚えがあるんですが
    他にも色々ありそう……

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matsunews.blog79.fc2.com/tb.php/36-2242c575
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。