スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党・小沢代表の秘書逮捕

2009年03月03日 22:40

「分からない」「陰謀がある」。政治資金規正法違反容疑で秘書が逮捕された小沢一郎民主党代表の事務所や党本部には動揺が広がり、職員らは当惑した様子で口を閉ざした。
東京・永田町の衆院議員会館。小沢氏の事務所には時折、事務員とみられる女性が出入りしたが、「秘書もおらず、お答えできない」と繰り返した。別の女性は無言のまま、ドアを強く閉めた。
強制捜査前、党本部で記者団に対応した鳩山由起夫幹事長は、口調は柔らかいが厳しい表情。「代表からは『心配ない』との話だった。必要なら自分で話をされるだろう。陰謀があるという感じはある」と述べた。

鳩山由起夫幹事長


陰謀とは大げさな・・

まぁ、誰かしらのリークはあったのだろうが


これから「打倒麻生」に向け

大詰めだったのだろうが

確かに

「タイミングよく?」
「タイミング悪く?」

出鼻をくじかれてしまった


まぁ

「火のない所に煙は立たない」



最近の風潮として

なんだか、「汚職」「疑惑」が多い

そんなことよりも解決しなくてはならない

問題が山積みなのに

これでは政治家も

国の問題に専念できないと思う


まぁ

自分でまいた種なのだが・・




スポンサーサイト

合格願い合掌 禅ドッグ「コナン」

2009年03月01日 02:52

合掌犬

“合掌犬”として海外でも「ゼン(禅)・ドッグ」と紹介された那覇市首里山川町の慈眼院(通称・首里観音堂)の飼い犬コナン君が受験生の合格を願う祈願式が、同院で開かれた。コナン君の合掌姿を一目見ようと多くのファンや参拝客が訪れ、受験生の合格を祈願した。
来場者にはコナン君の足形と合格祈願の様子が描かれた記念品が配られた。
コナン君はカメラのフラッシュや人の多さに落ち着かない様子で、最初はうまく手を合わせることができなかったが、最後は本領を発揮し、受験生の合格を願った。
善國乗憲住職は「高校や大学を目指して受験生は今頑張っている。学業成就や合格を願ってたくさんの絵馬が届いた。一歩一歩テーマに向けて目標を達成してほしい」と話した。


合掌犬なる犬がいることを初めて知った

とてもかわいい


ところで

「合格祈願」って結局「他力本願」的で

いまいち理解に苦しむ


祈願することによって

「不安」を取り除き、「自信」をもって

受験できるようになる

ということだろうか?


更にわからないのが

「合格祈願グッズ」

最近コンビニでよく見かけるが

一体何を望んで購入するのだろう??


「藁にもすがりたい」という

不安や弱さに付け込んだビジネスにも思える。。



とにかく、コナンくんはかわいい!



沈む東京モーターショー 不参加相次ぐ

2009年03月01日 01:06

世界最大級の自動車の祭典である「東京モーターショー」がピンチを迎えている。
経営危機にあるビッグスリーがそろって出展見送りを表明したのに続き、地元である国内商用車メーカーも不参加の意向を示し、規模縮小が避けられない状況だ。
東京モーターショーは世界の「5大自動車ショー」に位置づけられているが、自動車業界からは「このままでは中国にとって代わられてしまう」と存在感の低下を懸念する声も出始めた。

東京モーターショー

出展見送りを決めているのは
・ゼネラル・モーターズ(GM)
・フォード・モーター
・クライスラー
の米3社

さらに
・日野自動車
・いすゞ自動車
・三菱ふそうトラック・バス
・日産ディーゼル工業
の日本の商用車4社も見送りの意向を、ショーを主催する日本自動車工業会(自工会)に伝えた

・仏プジョー
・シトロエン
など一部の欧州メーカーも見送りを検討している。

トヨタ自動車は「こんな時期だからこそ市場を盛り上げたい」としており、日本の乗用車メーカーはすべて従来通り出展の予定。だが、海外勢を中心に出展を取りやめるメーカーが「20社近くに上る可能性がある」という。このままでは展示会場の縮小や会期の短縮などに踏み切る可能性も浮上している。

背景にあるのは自動車メーカーの業績不振だ。GMなど経営不振のメーカーはモーターショーへの出展を見送ることで、少しでも経費を削減しようと必死だ。

一方、日本特有の事情も見逃せない。自動車ショーへの出展は、その国の消費者にアピールする格好の機会。だが、日本の新車販売台数(軽自動車を除く)は昨年、前年比6.5%減の321万2342台と34年ぶりの低水準に落ち込み、今年は300万台割れの可能性もある。自工会の担当者は「需要のある地域でなければ、モーターショーに参加する意義もない」と肩を落とす。

代わって急激に存在感を増しているのが、新車市場が1000万台近くにまで急成長した中国。今年4月の上海モーターショーにはビッグスリーをはじめ、東京出展を見送ったメーカーが数多く参加する方向で、数年後には5大ショーの“入れ替え”も起こりそうな状況だ。


日本国内で「不況」「不況」と喘いでいるだけでなく

海外からも日本のマーケットは魅力がなくなった

それぐらいひどい状態ということだ


5大ショーから外れるとか

中国にとって代わられるとか


そんなくだらないことではなく

「買いたくなる、乗りたくなる」モーターショーの

企画力が低いというのが事実のように思う



「車」といえば

「未来の象徴」「男のロマン」でもあったわけだが

不況のせいか

「現実的」=女性的な市場に推移していっているようで

なんだか物悲しい・・





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。