スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天下りが過去最多の590人 独立行政法人、財団法人など

2008年12月26日 01:20

政府は25日、昨年8月から1年間で退職した課長級以上の国家公務員1423人の再就職状況を公表した。許認可などで中央官庁との結び付きが強い独立行政法人や公益法人(財団、社団)、特殊法人、認可法人に再就職したのは590人(前年比67人増)で、平成14年の公表開始以来、最多となった。退職者に占める割合でも、最も低かった前年の40・7%から微増して41・4%となり、いまだ続く「天下り」の実態が浮き彫りになった。

独法や公益、特殊、認可法人への再就職を省庁別
国交省 214人
厚生労働省 90人
経済産業省 64人
農水省 46人


もはや笑うしかない。。

この間、「太田総理」で

有吉弘行の回のマニフェスト

「年末道路工事禁止」の時も、

工事に携わる労働者の生活保護をたてに

同じことの繰り返し。。

こんな話何十年も前からしてるはず


雇用不況吹きすさぶ中

こんな話題しかない官僚に日本が任せられるのか


選挙で人選による政治参加をしても

体制がその人を変えてしまう・・



「踊る大走査線」の室井さんみたいに信念を貫ける人って

現実には難しいだろうなぁ・・




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matsunews.blog79.fc2.com/tb.php/15-65daab76
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。