スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オゾンホール 今世紀半ばにはなくなる!? 代替フロンは地球温暖化に悪影響

2008年12月29日 20:26

「オゾンホール」とは、南極の空のオゾン層が破壊され、ぽっかりと穴が空いたようになることだ。生き物に有害な紫外線が地球にたくさん届いて、人間の健康を脅かす。このオゾンホールが、今世紀中になくなる見通しという。世界の国々が協力して、オゾン層を破壊する「フロン」を使うのをやめたおかげだ。地球にとってはいいニュースだといえる。

オゾン層破壊に歯止めをかけられた理由
・フロンに代わる物質が開発されたこと
・先進国と途上国が協力し合ったことだ

フロンの代わりとなる代替フロンとして、ハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)やハイドロフルオロカーボン(HFC)が登場した。HCFCは1980年代後半から使われ始め、オゾンを壊す力はフロンの10分の1から100分の1ほど。それより新しいHFCはオゾンを破壊しない。

オゾンホール松崎弘和NEWS


あるじゃないですか・・

いいニュースが!


みんなで手を取り合って、地球や人類を守った例が・・


「加工食品異物混入問題」や「農作物の農薬問題」も

世界を挙げて真剣に取り組んでいかないと

オゾン層のように最終的に人類は滅びます。。


「競争社会」、「営利追求」は今年で止めて

来年からは、協力し合い、相互監視をもって

安全に生きれる世界、地球になってほしい


最近年をとったのか、

「こんな世界を後世にバトンタッチする」

のはいかがなものかと思う。


いくら「北斗の拳」が男のロマンであっても

滅びた後の戦いはいやです。



おっと、肝心の後半部分が抜けてた!

HCFCやHFCへの切り替えで、オゾン層は保護されるが、温暖化防止には悪影響がある。どちらも強力な温室効果ガスだからだ。特にHFCはオゾンを破壊する力はないものの、温室効果力が最大で二酸化炭素の1万数千倍と言われ、使用が増えると地球温暖化を進める恐れがある。地球を暖めない代替フロンの開発が求められている。


オゾンホールがなくなっても、自然はそんなに甘くない。

次なる試練、「温暖化」だ

結局、壊すの一瞬、回復に・・・という自然の摂理


温暖化にならない代謝フロンの開発を待つのではなく、

今出来ること、「フロン」を出さないことに努めよう!



早速、暖房を切ってみたが、寒すぎて手が動かない・・



設定温度を1度下げることで、お許しを~




スポンサーサイト


コメント

  1. yasu | URL | -

    Re: オゾンホール 今世紀半ばにはなくなる!? 代替フロンは地球温暖化に悪影響

    みんながみんな
    お互いのことを考えられるような世の中に
    少しでも近付いたみたいで嬉しいですね
    不可能だと思っていても
    諦めちゃいけないなぁと思います。
    ここで調子に乗らないように
    是非達成したいですよね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matsunews.blog79.fc2.com/tb.php/19-a13eb656
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。