スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界天文年の開幕イベント

2009年01月05日 11:42

ガリレオが手製の望遠鏡で初めて星空を眺めてからちょうど400年にあたる今年は国連などが定めた「世界天文年」。その開幕イベントが4日、全国40カ所の科学館などで一斉に開かれた。

世界天文年松崎弘和NEWS

「誰もが子どものころ『宇宙の果てはどうなっているの』と疑問を持ったはず。あの好奇心をもう一度思い出して」と解説員。


そういえば、最近空を見上げていない。。

子供のころのよくやっていたことって

「贅沢」というか時間に余裕がなくては

やらないことばかりなような気がする


「ナイトハイク」に参加したとき、

夜ただ黙々と海沿いを歩くだけなのだが

流れ星が出るたびに「金、金、金!」って

叫んでた。。



空を見上げる余裕ぐらいは持とうっと!



スポンサーサイト


コメント

  1. yasu | URL | -

    今でも宇宙の外側には何があるのか?
    なんて考えることがあるけれど
    そんなことどうでもよくなるくらい
    めっちゃキレイ!
    是非生で見てみたいもんです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matsunews.blog79.fc2.com/tb.php/23-87eb0712
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。