スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラク・オバマ次期米大統領就任演説「国民の結束」「責任の時代」呼びかけ

2009年01月21日 00:31

米国のオバマ新大統領は20日の就任演説で、「責任の時代」を呼びかける。
政府、国民が結束してそれぞれの責務を果たさなければ、イラク、アフガニスタンでの2つの戦争に加え、金融危機、景気後退に直面している厳しい状況を克服できないとの危機感が背景にはある。大統領選を通じて人種、党派の壁を乗り越えて国民の団結を訴え、熱狂的な支持を集めたオバマ氏だが、就任直後から試練を迎えることになる。

オバマ松崎弘和NEWS

オバマ氏の勝利演説映像

「責任」に重きをおいたのは、同じ民主党のケネディ元大統領が1961年の就任演説で、「国があなたのために何をしてくれるかを尋ねるのではなく、あなたが国のために何ができるかを尋ねてほしい」と訴えたのを意識したとみられている。

オバマ氏は就任後、まず政府の「責任」を目にみえる形で示すため、イラクからの16カ月以内の米軍戦闘部隊の撤退指示や、キューバのグアンタナモ米軍基地内にあるテロ容疑者収容所閉鎖の大統領令を出すことにしている。

大統領選では指導者としての経験不足を批判されてきただけに、言葉だけでなく実行力があることを内外に示す効果も狙っているようだ。

ただ、アフガンに米軍を増派しても、ただちに効果は上がらないとみられる。景気後退も長期化の様相を示すなど、オバマ氏を取り巻く情勢は容易ではない。16年ぶりに7・2%まで上昇した失業率がさらに増え続けるような事態になれば、期待は失望に変わりかねない。

オバマ氏としては、国民の協力を求めながら、300万人の雇用創出を柱とする景気対策の早期実現を図ることで、危機からの脱却を図りたい考えだ。


久々に観た「カリスマ」

オバマ新大統領

昨年は、アメリカの不況の波を受け

日本はやっぱりアメリカの影響はすごい

と実感した1年だった。。


まぁ、日本だけではないのだが・・


残念ではあるが

日本に期待できない以上、

アメリカ、オバマ新大統領の

雇用拡大の政策等に

日本も追随してほしいと思う


それにしても

芸能人や映画人や政治家・・・

日本のヒーローが現れるのはいつだろう・・


もはや「アニメ」の世界だけなのかなぁ・・





スポンサーサイト


コメント

  1. yasu | URL | -

    誰かが何とかしてくれる、と
    自分ごとに捉えられない人が増えている以上
    無理じゃないかと思ってしまいますね
    ていうか
    国をまとめる人間て
    特別な才能とかというよりは
    人の話がきちんと聞けて
    それを良い方に向かわせるにはどう実行させていったらいいのか
    それが考えられる人ならある意味誰でも良くて
    一人でやるものではなくて
    国全体が何とかしよう、と団結できることに
    意味があるのではと思います。
    もちろん、彼だからこそ人がついていくのだと思うので
    誰でも良くはないのでしょうが。
    自分としては
    ミシェル夫人の人柄にも惚れています。
    個人的にはこれからのアメリカにとてもワクワクしつつ
    波を作ることができないならせめて
    波に乗っかってやろうと小ずるい事を画策している今日この頃

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matsunews.blog79.fc2.com/tb.php/34-ec97e52a
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。