スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借金だらけでもセレブ気取り豪遊…小室哲哉の散財に妻KEIKOの影

2009年01月22日 22:24

とにかく今日は「書きたい事件」が山盛りで

4つも書いてしまいました。。

小室哲哉松崎弘和NEWS

借金だらけでも超豪華マンションに住み、妻にも窮状を打ち明けず、豪遊を繰り返していた-音楽著作権の譲渡をめぐり詐欺罪に問われた小室哲哉被告の見栄っ張りな生活ぶりが、大阪地裁で開かれた初公判で次々と明らかになった。著名な実業家の名前を利用したり、その場しのぎのうそをついたり…。犯行に至る過程で見せた小室被告の“素顔”は、初公判での殊勝な態度とはかけ離れていた。

信用を得るために、「(西武鉄道グループ元オーナーの)堤義明さんと懇意にしている。大規模な事業の話がある」「(メディア王といわれる)ルパート・マードック氏と会社を興すことも考えている」と“大風呂敷”を広げていた。

セレブな生活を捨てることができず、借金で首が回らない状態なのに家賃約290万円のマンションに住み、生活費は月500万-600万円。結局、毎月1700万-2300万円が必要になるなど、自転車操業の日々だったという。

公判では小室被告が勾留中に書いた反省文も明らかにされた。この中で小室被告は「音楽のかけらもない暴走列車に急ブレーキをかけていただき、虚構の列車が止まった」と表現した。そこには、時代の寵児と呼ばれた面影はなかった。


ワイドショーでは小室氏の「金遣い」でもちきり

ただ、年間10億も稼いだ人の金銭感覚を

いわゆる「庶民」がどうこう言うこと自体、間違いだと思う


10億稼げば税金を約5億支払わなくてはならないし

使い道はどうでもいい


ただ、私の周りにも

「生活水準」を下げれなく、泥沼にはまっている人が

結構多い


「大金持ち」になるための一線があると思うが

「大金持ち」でい続けるための一線もあると思う


当然、小室氏の周りには

小室氏にあやかりたい人たちで賑わっていただろうし

「誘惑」も多かったと思う


そんな中、正気でいられる人が何人いるのだろうか・・



自分は大丈夫か?

そんな心配は残念ながら必要ないようです。。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matsunews.blog79.fc2.com/tb.php/38-0f5d8de4
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。