スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書をビジネスに役立てよう! 若い人集まる「読書会」が人気

2009年11月25日 10:52

「アウトプット勉強会」は、主催者の山本多津也さんが、本を読む

のが苦手という友人から相談を受けたのがきっかけで、友人4人と開始。

小規模な読書会だったのが3か月後、クチコミで30~40人に拡大。

連絡用にと、SNS「mixi」でコミュニティを立ち上げると、2年後には

1000人が集まった。今では2700人以上が登録している。


読書会は現在、東京と愛知で月一回ペースで、会議室などを利用して

行われている。参加したい場合はmixiを通じて連絡をとる必要があり、

指定された一冊の書籍を読んでくることが課せられる。

たとえば、東京での会には91人が参加。10人程度の小グループに別れ、

課題図書についての発言を重ねていく。


山本さんはアウトプットの重要性を指摘する。

一人の読書ではふつうインプットばかりが多く、アウトプットが少ない。

そのせいもあって、本の内容は半年もすれば忘れてしまう。

ただ、「人に説明することで自分の理解も深まっていく。わかったつもり

だったことが、明確になる」とその意義を語る。参加者には、ビジネス

スキルを高めたいという意欲的な人が多い。

相手の意見を否定するのはルール違反だが、反論によって議論が白熱する

ことはよくある。参加者は20代~30代が多いと言い、山本さんは「読書会」

の魅力を「コミュニティの面白さでしょう」と話す。



参加を「意欲」ととるのか「不安」ととるのか・・・

結局、会社の形態が変化しつつあり、残業がなくなり余暇が増えたため

「不安」が醸造されているといった「ゆとり教育」のような現状か、

会社が未来を保証してくれないための、会社スキル以外の「人間力」の

スキルアップか・・・


とにかく、「婚活」にしろ「読書会」にしろ

「出会い系」にしか思えないのだが、

確かに出会いって、最早「金を払わなくては手に入らない」モノになって

しまったのだろうか??
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matsunews.blog79.fc2.com/tb.php/55-94af1f06
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。