スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

催眠鎮静剤ネットで大量販売、購入の19歳自殺図る

2008年12月17日 18:05

依存性があり大量服用すると死亡する可能性もある市販の催眠鎮静剤を、国の通知に反して薬局がインターネットで一度に大量販売し、購入した未成年者が自殺を図ったケースがあることが17日、読売新聞の調べでわかった。
自殺は未遂だったが重い後遺症が残った。


最近デジタル化による「ひずみ」が顕著に現れだした

このような事件は今後まだまだ続くだろう


それにしても

最近のNEWS番組は本当にくだらない


「ひきずり」だの「麻薬」だの

あたかも最近頻発しているような報道だが

今までも蔓延的にあった事件を

ピックアップしているだけのように感じる・・


社会に警告を鳴らすのはいいことだと思うが

各局こぞって同じような報道をするのはなぜだろう??


とはいえ、そのような事件が

蔓延的に合ったことの方が問題なのだが・・
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matsunews.blog79.fc2.com/tb.php/6-6fa024e3
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。