スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合格願い合掌 禅ドッグ「コナン」

2009年03月01日 02:52

合掌犬

“合掌犬”として海外でも「ゼン(禅)・ドッグ」と紹介された那覇市首里山川町の慈眼院(通称・首里観音堂)の飼い犬コナン君が受験生の合格を願う祈願式が、同院で開かれた。コナン君の合掌姿を一目見ようと多くのファンや参拝客が訪れ、受験生の合格を祈願した。
来場者にはコナン君の足形と合格祈願の様子が描かれた記念品が配られた。
コナン君はカメラのフラッシュや人の多さに落ち着かない様子で、最初はうまく手を合わせることができなかったが、最後は本領を発揮し、受験生の合格を願った。
善國乗憲住職は「高校や大学を目指して受験生は今頑張っている。学業成就や合格を願ってたくさんの絵馬が届いた。一歩一歩テーマに向けて目標を達成してほしい」と話した。


合掌犬なる犬がいることを初めて知った

とてもかわいい


ところで

「合格祈願」って結局「他力本願」的で

いまいち理解に苦しむ


祈願することによって

「不安」を取り除き、「自信」をもって

受験できるようになる

ということだろうか?


更にわからないのが

「合格祈願グッズ」

最近コンビニでよく見かけるが

一体何を望んで購入するのだろう??


「藁にもすがりたい」という

不安や弱さに付け込んだビジネスにも思える。。



とにかく、コナンくんはかわいい!



沈む東京モーターショー 不参加相次ぐ

2009年03月01日 01:06

世界最大級の自動車の祭典である「東京モーターショー」がピンチを迎えている。
経営危機にあるビッグスリーがそろって出展見送りを表明したのに続き、地元である国内商用車メーカーも不参加の意向を示し、規模縮小が避けられない状況だ。
東京モーターショーは世界の「5大自動車ショー」に位置づけられているが、自動車業界からは「このままでは中国にとって代わられてしまう」と存在感の低下を懸念する声も出始めた。

東京モーターショー

出展見送りを決めているのは
・ゼネラル・モーターズ(GM)
・フォード・モーター
・クライスラー
の米3社

さらに
・日野自動車
・いすゞ自動車
・三菱ふそうトラック・バス
・日産ディーゼル工業
の日本の商用車4社も見送りの意向を、ショーを主催する日本自動車工業会(自工会)に伝えた

・仏プジョー
・シトロエン
など一部の欧州メーカーも見送りを検討している。

トヨタ自動車は「こんな時期だからこそ市場を盛り上げたい」としており、日本の乗用車メーカーはすべて従来通り出展の予定。だが、海外勢を中心に出展を取りやめるメーカーが「20社近くに上る可能性がある」という。このままでは展示会場の縮小や会期の短縮などに踏み切る可能性も浮上している。

背景にあるのは自動車メーカーの業績不振だ。GMなど経営不振のメーカーはモーターショーへの出展を見送ることで、少しでも経費を削減しようと必死だ。

一方、日本特有の事情も見逃せない。自動車ショーへの出展は、その国の消費者にアピールする格好の機会。だが、日本の新車販売台数(軽自動車を除く)は昨年、前年比6.5%減の321万2342台と34年ぶりの低水準に落ち込み、今年は300万台割れの可能性もある。自工会の担当者は「需要のある地域でなければ、モーターショーに参加する意義もない」と肩を落とす。

代わって急激に存在感を増しているのが、新車市場が1000万台近くにまで急成長した中国。今年4月の上海モーターショーにはビッグスリーをはじめ、東京出展を見送ったメーカーが数多く参加する方向で、数年後には5大ショーの“入れ替え”も起こりそうな状況だ。


日本国内で「不況」「不況」と喘いでいるだけでなく

海外からも日本のマーケットは魅力がなくなった

それぐらいひどい状態ということだ


5大ショーから外れるとか

中国にとって代わられるとか


そんなくだらないことではなく

「買いたくなる、乗りたくなる」モーターショーの

企画力が低いというのが事実のように思う



「車」といえば

「未来の象徴」「男のロマン」でもあったわけだが

不況のせいか

「現実的」=女性的な市場に推移していっているようで

なんだか物悲しい・・



可能性広がるカプセル内視鏡、「将来は胃腸検査も」

2009年02月28日 00:46

「精度の高い小腸内検査ができる」「痛みがない」との前評判で、開発中から注目されていた小腸用カプセル内視鏡。
国内では昨年10月に販売が始まったが、有効性と安全性が確認され、検査を導入した病院と検査を受けた患者の双方から高い評価を得ている。
同検査を導入している昭和大横浜市北部病院消化器センターでは、今年2月までに30人が検査を受け、がん1例、血管の異常6例、潰瘍5例が発見された。同センターでは「これまで発見が難しいとされてきた小腸内の病変が発見できるようになった。ミクロ技術の進歩は目覚ましく、将来的にはカプセル内視鏡で胃や腸の検査、さらには治療まで可能になるのではないか」と期待を寄せている。
また、検査を受けた患者からは「痛みなどは全くなかった」「リアルタイムで消化管内を見ることができて、興味深かった」などの声が上がっている。(医療介護CBニュース)

カプセル内視鏡


キン肉マンでウォーズマンの中で戦ったり

人間の体の中を探検するSFものって結構あった


それが実現とまでいかないまでも

自分の体内をリアルタイム・無痛で見れるのは

本当にすごいことだと思う


凄すぎて何が何だかわからないが・・


古の人たちが求めた

「不老不死」

人体チェックの技術が進み

また

人工臓器やクローン技術で

取り換え可能になってきている


100年後の人間って

一体どうなっているんだろうか??




歯医者さんに通っているのだが

人工の歯に総とっかえしてもらえば

虫歯になんかならなくなりそうだし


究極は

どんどん人工パーツに変わっていき

脳以外はアンドロイド化していきそうで

怖い・・



きっとどこかで

科学の及ばないところで

弊害が生じるようにも思うのだが。。




ソフトバンク iPhone「0円」 販促キャンペーン

2009年02月26日 00:30

ソフトバンクモバイルは25日、米アップルの携帯電話「iPhone3G」の本体価格を大幅に割り引く販売促進キャンペーンを実施すると発表した。

期間は2月27日~5月31日。2年契約が条件だが、記憶容量8ギガバイトのタイプは「0円」(通常は2万3040円)に、16ギガバイトでも1万1520円(同3万4560円)になる。

携帯電話をめぐっては、端末価格を上げ通信料金を下げる料金体系が一般化してきただけに、「0円」戦略は波紋を呼びそうだ。


携帯業界の「風雲児」ソフトバンクが

いよいよ固定しつつあった

端末価格の高価格化に風穴をあけることになりそうだ


ただどんな商品も

「セール」
「バーゲン」
「キャンペーン」

と値崩れる


持ってない人には嬉しいNEWSだが

持っている人にとってはとても悲しい


値段だけでなく

こっそり「バージョンアップ」「不具合修正」

されているのもある



株ではないが

「買い時の見極めが重要」

ということだろうか・・



新型新幹線は白とピンク スピード感を表現 JR東日本

2009年02月03日 21:49

JR東日本は3日、平成23年春から東北新幹線にデビューし、青森と首都圏を結ぶ新型新幹線「E5系」(10両編成)の車両デザインを公開した。上部が鮮やかな緑、下部が白を配して中央にピンクの細帯が入る。未来を感じさせる先進的イメージとスピード感を表現したという。(産経新聞)

新型新幹線E5系松崎弘和NEWS

今年夏から耐久試験走行を実施。23年春から3編成を営業運転に投入し、最終的に計59編成を製造する予定。飛行機のファーストクラスに対抗した超豪華なスーパーグリーン車(仮称)を導入する。

デビュー後は時速300キロから段階的に運行速度を上げていき、25年春にはフランス国鉄のTGVと並ぶ320キロで走行し、新青森と東京を約3時間5分で結ぶ計画だ。東北新幹線は22年12月に新青森駅まで延伸する予定。

清野智社長は「当社で時速300キロを超す車両は初めて。かわいがっていただきたい」と述べた。



新型新幹線登場!

やっぱり「夢の乗り物」といえば飛行機より新幹線


しかも今回の新幹線は

時速300kmオーバー!!


形も子供の頃に描いていた

というか

植えつけられた??

「未来型」


内装・サービスもグかになるということで

めちゃめちゃ期待してます!!





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。