スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足利事件 否認→自白“異例”テープ再生 誤判原因の究明へ

2009年11月25日 18:36

足利事件の再審公判で、宇都宮地裁が、菅家利和さんが別の

2件の女児殺害事件(未解決)で取り調べを受けた様子を

録音したテープを証拠採用し、法廷での“異例”の再生を

認めた。菅家さんが冤罪を背負うことになった誤判原因の

究明に向け、一歩踏み込んだ地裁の判断といえる。



 地裁は当初、「誤判原因の解明は裁判所の権限を脱する」と

の見解を示していたが、佐藤正信裁判長は再審初公判で「違法

な手続きだったかどうかを判断するために必要な証拠調べは可

能」と述べていた。

 再生されるテープには、平成4年12月7、8の両日、検察

官が別の女児殺害事件で菅家さんを取り調べた際、足利事件に

ついても菅家さんが一度は否認しながら「自白」に転じていく

様子が録音。このため、弁護側は「検事の取り調べが、菅家さ

んの公判での自白を導き、支えている。自白の任意性を判断す

る必要がある」として、法廷での再生を強く求めていた。

 テープの存在が明らかになったのは8月。開示を拒む検察側

に、「自白の任意性に影響を及ぼした可能性を否定できない」

と開示を促したのも地裁だった。




「冤罪」・・・

無実の罪で留置所暮らしってとても耐えられない。

出所、汚名返上できたからといって、過ぎた人生が戻ってくる

わけではないし、これからの人生も通常とはかけ離れたものに

違いない。


「認められたい症候群」なんてのがあったが

「認められたい」ではなく、

警察が、司法が、法律が、国が、

「真実を、自分を認めてくれない」気持ちってどんなだろう・・


汚名返上できたからといって

彼はこの日本で穏便な余生を過ごせない気がしてならない。。
スポンサーサイト

読書をビジネスに役立てよう! 若い人集まる「読書会」が人気

2009年11月25日 10:52

「アウトプット勉強会」は、主催者の山本多津也さんが、本を読む

のが苦手という友人から相談を受けたのがきっかけで、友人4人と開始。

小規模な読書会だったのが3か月後、クチコミで30~40人に拡大。

連絡用にと、SNS「mixi」でコミュニティを立ち上げると、2年後には

1000人が集まった。今では2700人以上が登録している。


読書会は現在、東京と愛知で月一回ペースで、会議室などを利用して

行われている。参加したい場合はmixiを通じて連絡をとる必要があり、

指定された一冊の書籍を読んでくることが課せられる。

たとえば、東京での会には91人が参加。10人程度の小グループに別れ、

課題図書についての発言を重ねていく。


山本さんはアウトプットの重要性を指摘する。

一人の読書ではふつうインプットばかりが多く、アウトプットが少ない。

そのせいもあって、本の内容は半年もすれば忘れてしまう。

ただ、「人に説明することで自分の理解も深まっていく。わかったつもり

だったことが、明確になる」とその意義を語る。参加者には、ビジネス

スキルを高めたいという意欲的な人が多い。

相手の意見を否定するのはルール違反だが、反論によって議論が白熱する

ことはよくある。参加者は20代~30代が多いと言い、山本さんは「読書会」

の魅力を「コミュニティの面白さでしょう」と話す。



参加を「意欲」ととるのか「不安」ととるのか・・・

結局、会社の形態が変化しつつあり、残業がなくなり余暇が増えたため

「不安」が醸造されているといった「ゆとり教育」のような現状か、

会社が未来を保証してくれないための、会社スキル以外の「人間力」の

スキルアップか・・・


とにかく、「婚活」にしろ「読書会」にしろ

「出会い系」にしか思えないのだが、

確かに出会いって、最早「金を払わなくては手に入らない」モノになって

しまったのだろうか??

2009年11月10日 00:15

鳥取事件・・・

今まで「出会い系」がらみの殺人事件は

被害者が女性だったが、被害者が男性という

とても怖い事件だ



なんだか6人なのか3人なのかよくわからないので

整理する(なぜ?笑


①矢部和実さん
 2009年4月に日本海沖で水死していたトラック運転手

②円山秀樹さん
2009年10月水死体で発見。電化製品の代金未払いで女とトラブル

③田口和美さん
 2009年10月、自宅アパートで変死した無職

④読売新聞鳥取支局の男性記者
 2004年5月列車にひかれて死亡

⑤古田新一さん
 2007年8月海水浴場で水死した警備員

⑥県警警察官
 2008年2月警察署内で首をつった状態で死亡

さらに、逮捕当日、別の男性が、女に家電製品約90万円を
販売したが、代金は未収で、当日は女に呼び出され、集金
に行く予定だったという。
②の円山さんは、この男性と同様、「家電製品の集金に行く」
といって家を出たん後、死体で発見されたのだから、間一髪
だったのだと思う。

①②③の死体からはハルシオン等の薬が検出されており、
また、女は働いていたスナック常連客ら約10人の男性から、
総額1000万円の金銭援助を受けていたほか、知人らに百数
十万円にのぼる多額の借金を抱えていたことが明らかになっ
ている。


とにかく凄い!

きっともっとしたいが出てくるに違いない。。


ゴミ屋敷で多くのペットと暮らしていた容疑者。
「動物好きに悪い人はいない」伝説は、もはや崩壊しているのだろうか?




豊田・広瀬被告の死刑確定へ-地下鉄サリン事件

2009年11月09日 01:12

地下鉄サリン事件の実行役として殺人罪などに問われ、一、二審で死刑
とされたオウム真理教元幹部豊田亨、広瀬健一両被告の上告審判決で
最高裁第2小法廷(竹内行夫裁判長)は、「犯行は残虐で非人道的と言う
ほかない」とし、両被告側の上告を棄却した。死刑が確定する。
 教団による一連の事件で死刑が確定するのは、元教団代表松本智津夫
(麻原彰晃)死刑囚らに続き、これで8人となる。ほかに5人が死刑判決を
受けて上告中で、このうち、元幹部の井上嘉浩、新実智光両被告は今月
中に弁論が予定されている。
 同小法廷は、地下鉄サリン事件について「捜査をかく乱するため、組織的
計画的に行われた無差別大量殺人行為で、法治国家に対する挑戦」と指
摘。「通勤客らが集中する平日朝の時間帯を狙ってサリンを発散させ、12
人を死亡、多数に傷害を負わせた結果は極めて重大。二人は積極的に犯
行に加わった」と指弾し、死刑はやむを得ないとした。
両被告の弁護側は「教団にマインドコントロールされ、責任能力が著しく減
退していた」と主張し、死刑回避を求めていた。 


未だ決着がついていない「地下鉄サリン事件」

当事者ではないし、次から次へと新たな事件が起こるので

すっかり忘れていた。日本では珍しい「テロ事件」「宗教殺人」だった。


それにしても、

新たな事件が次から次へと起こる。

「34歳女性」の事件

「首だけ発見された」バラバラ事件

「3人の遺体」が見つかった熊本農家の事件・・・


インフルエンザの猛威にしろ、殺人事件にしろ、

メディアが取り上げるようになったから頻繁なのか

最近になってから増えているのかが知りたい。

拉致事件の時に「行方不明者」の数が公表されたが

随分多くの人が毎年行方不明になっていたのに驚いた。


派出所の前の

事故○人
死亡○件

の看板のように


日本全国の

自殺○人
事故○件
行方不明○人
殺人○件
殺人○人

と確認ができるサイトはないのかな?


まぁ、できたからといって何があるわけでもないんだけど・・




市橋容疑者 先月撮影の写真公開 複数回整形か…千葉県警

2009年11月06日 00:10

市橋容疑者 先月撮影の写真公開 複数回整形か…千葉県警
11月5日20時3分配信 毎日新聞

 千葉県市川市で07年3月、英国人女性のリンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)が殺害され遺体で見つかった事件で、県警行徳署捜査本部は5日、整形手術を受けた市橋達也容疑者(30)=死体遺棄容疑で指名手配中=とみられる男の顔写真を公開した。

 捜査本部によると、写真は男が10月24日に名古屋市内で受けた手術前に撮影された。口とあごにひげを生やしていたが、先入観を持たれないよう公開写真では除去した。複数回にわたって整形したとみられ、▽一重まぶたを二重にした▽鼻を高くした▽下唇の両側を薄くした--などの変化が見られる。撮影後も鼻を数ミリ高くする手術を受けたが、手術前と大きな変化はないという。

警察は、この写真に関する鑑定を東京歯科大学に依頼し、この人物が市橋容疑者で矛盾がないという回答が得られたという。
警察は、市橋容疑者が整形手術を繰り返しながら逃走を続けているとみて、広く情報提供を求めている。

情報提供は、千葉・行徳警察署「047-397-0110」まで




顔をカッコ良くするのではなく

逃亡目的のためにカッコ悪くする・・・


自分の顔を変えても

カッコ悪くなろうとも

それでも生きたい、捕まりたくない・・ということなのだろうか?


罪の意識がないことはないのだろうから

葛藤を繰り返しながら

それでも「逃亡」を選択、「生きる」を選択することって

どんな気持ちだろう・・・


エレベーターの映像がTVで流れているが

とても逃亡者の窶れは見られない


殺人は衝動的だが

死体遺棄時点ではとても「冷静」だというが



彼に安らかに眠れる日はあるのだろうか?






最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。